金剛筋シャツ

金剛筋シャツを着用して筋肉痛になるのはなぜ?

投稿日:

金剛筋シャツを着用して筋肉痛になるのはなぜ?

金剛筋シャツを着用して筋肉痛になる、というのを聞いたことがありませんか?
金剛筋シャツの着用で、筋肉痛になる理由について知りたいと思いませんか?
トレーニングをしてもなかなか筋肉痛にならなかった人でも、金剛筋シャツを着用しただけで筋肉痛になるなんて不思議ですよね。
それでは金剛筋シャツを着用することでどうして筋肉痛になるのかをご紹介します。

金剛筋シャツで筋肉痛になるのは姿勢矯正効果と引き締め

金剛筋シャツで筋肉痛になるのは姿勢矯正効果と引き締め

金剛筋シャツを着用して筋肉痛が起こるのは、姿勢矯正効果、そしてシャツの引き締め効果があるからです。
そもそも、姿勢が悪くなっているのは、使うべき筋肉を使えていないからです。

鉄筋シャツは背筋部分に姿勢矯正に必要な伸張バンドが搭載されています。
この伸張バンドによって背筋をのばします。

背筋を伸ばすと猫背で前に出てしまっている方を後方へと引っ張ってくれます。
金剛筋シャツを着用すると、これまでには感じたことがないほどに強力な胸のハリを感じます。
それは前方に丸まっていた肩が本来あるべき位置にまで引っ張られて、それまで刺激できていなかった筋肉を刺激しているからです。

金剛筋シャツの引き締め効果については詳細をご覧下さい

金剛筋シャツで筋肉痛になるほど刺激できるわけ

金剛筋シャツで筋肉痛になるほど刺激できるわけ

姿勢の悪い状態というのは肩の可動域が著しく狭くなっています。
この肩の可動域が狭くなると、上半身の動き自体が小さくなるので、腹筋をほとんど使わなくなります。
これはインナーマッスルの運動不足に陥ってしまうのです。

また、この姿勢の悪さというのは自分で直そうとしてもなかなか直せるものではありません。
日常的に固まっている筋肉を意識するだけで改善するのは基本的には不可能です。
そのような場合には金剛筋シャツのような伸張バンドで強引にでも肩を開かせる必要があるのです。
金剛筋シャツで姿勢が矯正されることによって、猫背だった時にはなかなか使われていなかった腹筋、背筋を正しく使えるようになるので筋肉痛になるのです。

金剛筋シャツの引き締めで腹筋も筋肉痛に

金剛筋シャツの引き締めで腹筋も筋肉痛に

金剛筋シャツにはお腹周りの強い締付け効果があります。
お腹回りの締め付け効果によって腹筋全面はもちろん、腹横筋、腹斜筋のような引き締まった腹部にするうえで欠かせない筋肉を刺激します。
これまでに腹筋が筋肉痛になったことなどない、という人でも、金剛筋シャツを着用すれば人生で初めての腹筋の筋肉痛を感じることができるかもしれませんよ。

金剛筋シャツで筋肉痛になりたくないなら

金剛筋シャツで筋肉痛になりたくないなら

金剛筋シャツによって姿勢の矯正、腹筋部分の着圧をしっかりと感じるためには継続的に着用するのが理想的です。
しかし、着用する時間が長ければ長いほど筋肉痛のリスクは高くなります。
習慣的に猫背であったり、運動の習慣がなければなおさらです。

筋肉痛になるということは、それまで使えていなかった筋肉を金剛筋シャツで刺激できているということです。
そのため、効果としては嬉しいはずですが、仕事や家事に影響するため筋肉痛になりたくないという方も多いです。
そのような場合には、短時間から金剛筋シャツを着用してください。
運動をする時や筋トレをする時にだけ着用したり、仕事が休みの日だけに使用するなど短時間の着用を心がけてください。
そこから少しずつ、少しずつ金剛筋シャツを着用する時間を長くしていきましょう。

金剛筋シャツで筋肉痛にならず効果を得るために

金剛筋シャツで筋肉痛にならず効果を得るために

金剛筋シャツが届いた!さあ張り切って毎日着るぞ!
というのももちろん良いですし、それが理想的ではありますが、頑張りすぎて筋肉痛になり、仕事に影響が出てしまった…家事をする時に動きにくい…
そのようなことになってしまうのは困りますよね。
筋肉痛にならないためには、金剛筋シャツを着用する時間をしっかりと調節していくようにしてくださいね。

-金剛筋シャツ

Copyright© 加圧シャツおすすめ情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.