金剛筋シャツ

金剛筋シャツのサイズ選びのポイントは?

投稿日:

金剛筋シャツのサイズ選びのポイントは?

金剛筋シャツのサイズ選びをする時にはいくつか押さえておくべきポイントがあります。
金剛筋シャツはもちろん、どのような加圧シャツを購入する時にも、サイズ選びを間違ってしまうと効果をしっかりと得られなくなります。

サイズが理想のサイズよりも大きければ十分に加圧できませんし、小さすぎると締めつけ感が強すぎて着用すること自体があまりにも辛くなってしまいます。

金剛筋シャツのサイズ選びはシンプル

金剛筋シャツのサイズ選びはシンプル

金剛筋シャツのサイズ選びはとても重要だと申し上げましたが、決して難しいものではありません。

金剛筋シャツのサイズというのは、MサイズとLサイズだけです。
他の加圧シャツの場合にはサイズも細かく分かれていたり、サイズがフィットしていなければ効果を実感できないなどサイズ選びに困ってしまいます。
しかし、金剛筋シャツの場合には、純粋に身長だけで選ぶのでOKです。

金剛筋シャツは加圧シャツの中でも丈が長くなっていますので、下腹部までしっかりと包み込むことができます。
サイズを間違ってしまうと、ぽっこりお腹をカバーできない…などといったこともありませんので、安心です。

ぽっこりお腹もしっかりと包み込むことで腹筋を刺激できますので、丈が長いというのはとても魅力的ですよね。
身長162cmから175cmの方はMサイズを選ぶようにしてください。
身長172cmから185cmの方はLサイズを選ぶようにしてください。

金剛筋シャツのサイズ選びに困ったら

金剛筋シャツのサイズ選びに困ったら

金剛筋シャツのサイズ選びはとても簡単ですが、それでもどうしても迷ってしまったらMサイズを選ぶのが良いでしょう。

サイズ選びに迷ってしまい、Lサイズを購入してしまい、ぶかぶかになってしまうと加圧が十分に行われずに効果は半減してしまいます。

加圧シャツは、ある程度は体にフィットしている必要があります。
大きすぎて加圧されなければ、どれだけ長い間着用していても効果は得られません。

金剛筋シャツのサイズが小さすぎたら

金剛筋シャツのサイズが小さすぎたら

金剛筋シャツは他の加圧シャツと締めつけ感を比べると、非常に強いので驚かれると思います。
ぴったりフィットしているものを選択すると程よい加圧を実感できます。
しかし、サイズがあまりにも小さすぎるものを選んでしまうと、あまりにも窮屈さを感じるので続けて着用するのが難しくなります。

また、サイズが小さすぎる金剛筋シャツを無理に着用していると、生地が伸びてしまうこともあります。
無理に着るために強引に引っ張っていると伸縮性が非常に優れている金剛筋シャツといえども、伸びてしまいます。
伸びてしまえば当然加圧力は低下しますので、効果を実感できません。

金剛筋シャツのサイズが小さくてもなんとかなる

金剛筋シャツのサイズが小さくてもなんとかなる
金剛筋シャツのサイズ選びに失敗して、小さいものを選んでしまったとします。
その場合、サイズ選びに失敗してはいるのですが、大きすぎるものを選ぶよりはマシです。
というのも、サイズが大きな金剛筋シャツを着用していても意味はありませんが、金剛筋シャツを小さくすることはできません。

また、これからダイエット、肉体改造をしようと思っている人の場合には、着用して体重が減少していくと小さいサイズに体が合っていくようになります。
しかし、金剛筋シャツのサイズが大きすぎたとしても、太る以外に方法はありません。
大きすぎるサイズを購入するよりも、小さすぎる方がまだマシなのです。

金剛筋シャツのサイズを間違えたら

金剛筋シャツのサイズを間違えたら

金剛筋シャツを購入したものの、どうしても我慢ができないほどのサイズ間違いをしてしまった場合には返品したいと思いますよね。
ただ、金剛筋シャツは基本的にキャンセル、返品をすることはできません。

商品がもともと破れていたり、購入者の都合など関係なくトラブルが起きている場合には返品できます。

【金剛筋シャツ購入前に詳細についても知っておこう!】

-金剛筋シャツ

Copyright© 加圧シャツおすすめ情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.